しっかり備えておくべし!面接でのポイント

インターネットで看護職が就職支援サイトに問い合わせて新しい職場を図っても、新しい勤務先における入社面接は避けることが出来ないでしょう。なので、競争でアドバンテージを得るためには面談におけるノウハウ等も理解しておくべきです。看護師・准看護師のお仕事は、総合職と比べて採用率は高い事もあり、可能性がもてます。相談後に入社面接をする際には、応募者本人の予定だけで面接等の時間を決定したり、変更するのはいけません。ナースとして転職希望の動機をヒアリングされますので、極力今の配属先に対しての批評を言わない様に、取り組んでみたいと思っていることやポジティブにとれる回答を述べてください。衣服等は先に考えておき、面接のシーンではしっかり返答して、喋り過ぎるのは控えましょう。応募の事由を聞かれたら相手方での素敵だと思う所等や自分自身がこの病院でどういった勉強に触れたいか等をしっかりと説明することも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です